みんなやめちゃう中で、マツダがスポーツカーを作り続けられるワケ。

みんなやめちゃう中で、マツダがスポーツカーを作り続けられるワケ。

国産のスポーツカーといえば、日産GT-RやフェアレディZ、ホンダNSXなどが挙げられる。また、つい先日には、新型BRZ・86が発表となった。しかし、スポーツカーは多くの販売台数が見込めず、メーカーとしては利益を生まないスポーツカーを作り続けることをよしとしない考えもある。
NSXやS660の販売中止がいい例だろう。だが、スポーツカーを作り続けることはメーカーのステイタスやブランド力を高めることができるのも間違いない。その成功例は、マツダが1989年から現在まで「ロードスター」を作り続けていることで、証明できるのではないだろうか。

現行ロードスターは、2015年にデビューした4代目。徐々に大型化していた3代目までとは違い、初代のライトウェイトスポーツを彷彿とさせるサイズへと、原点回帰を果たしている。 しかし、SUVやミニバンが全盛の現代において、スポーツカーを作り続ける、ということは、新車を販売して利益をあげる自動車メーカーにとって、容易なことではないはず。なぜマツダロードスターは、ここまで長くつくり続けられているのだろうか。
「ロードスター」というクルマについて知るためには、1989年に登場した初代ロードスター(NA)について知ることが近道だろう。初代ロードスターの開発は、マツダ社内で募られた有志によって、「誰もが楽しめるクルマ」を目指して開発された。 「誰もが楽しめるクルマ」にするため、初代ロードスターのフロントサスには、ユーザーが自分でキャンバー角などを調節したり、ショックを交換したり、といった改造の自由度を持たせるため、ダブルウィッシュボーン(DWB)が採用された。マツダ社内には、「(よりコストの安い)ストラットでも成り立っていたじゃないかという反対の声もあったそうだが、開発チームは「ストラット並に安く、軽く造る」と宣言。ギリギリまで攻めた設計を行い、サスペンションリンク以外のクロスメンバーなども軽くしあげ、ストラット並みに軽量にすることに成功。軽量化によって使用する材料も減り、低コスト化も実現させた。
また、車体のパワープラントフォームも、ロードスターには必須だったそうだ。アクセルオンで即トラクションがかかるために、デフと車体がねじれないようにするためだ。エンジンミッションとデフを一つのフレームで繋いだため、ミッションマウントラバーは不要、デフマウントラバーも不要となり、その結果、コストが下がり、軽くもなる、という一挙両得のアイディアだった。 これら初代ロードスターでの「軽量化・ローコスト化」というこだわりは、現行ロードスターでもしっかりと引き継がれている。スポーツカーを愛するエンジニア自身が納得するスポーツカーを、リーズナブルな価格で実現してきた、これこそが、ロードスターが30年以上にわたって愛され続ける理由であろう。

先日、マツダ主催による、初代NAロードスターで首都高を走る機会があったようだ。120馬力の1.6リッターガソリンエンジンと5速マニュアルトランスミッションの組み合わせは、強烈な加速Gを出せる昨今のクルマに比べたら、ぜんぜん速くはない。 トラックが真横を走りぬけると、風によって車体が引き寄せられてしまうほど、ボディは軽く、周囲のクルマの流れに合わせるため、必死にシフトチェンジをして速度を調節する。少し冷や汗をかくほどの運転体験であったようだ。 だが、走り終えたあとの爽快感はたまらず、何とも楽しい気持ちで満たされた。クルマを運転することの醍醐味を味わうには、これが「答え」なんじゃないかと、勉強させていただいたという。
マツダのエンジニアがロードスターに仕掛けた、多くの「走りが楽しくなる世界」に、どうやら筆者はまんまと嵌められてしまったようだ。
昨今の高性能スポーツカーは、速さを得るためにアルミニウムやカーボンを使うこともよくある。だが、当然コストは上がり、500万円以上は当たり前、1000万、2000万円円を超えるものも増えた。そうなるともはや、誰でも頑張れば手に入るような価格ではない。 ロードスターの魅力は、コストを抑えながらも、あの小さくて低くて可愛らしいボディに、ぎちぎちに詰め込んだハードな走りのメカニズムをもっている点、走れば走るほどドライバーに馴染む奥深さを持っている点だ。 平成が始まった1989年に誕生したユーノス・ロードスターの有名なキャッチコピーがある。「このクルマを手に入れるほんの少しの勇気を持てば、きっと、だれもが、しあわせになる」。このキャッチコピーには、ロードスターを生みだした、マツダの技術者たちの想いが込められている。 ロードスターを気に入って乗っている方や、オーナーズクラブたちの存在によって、マツダ自身が支えられていることは間違いない。ロードスター今後も、ファンに愛されながらつづいていくことだろう。